regulation

日本ポー学会会則    

一部改正 2008年9月21日

                                    2010年9月18日

2016年9月10日

2019年9月 7日

第一条 本会は日本ポー学会(The Poe Society of Japan)と称し、事務局を事務局長の所属する勤務先の所在地に置く。
第二条 本会はエドガー・アラン・ポーの文学を中心に、広くアメリカン・ルネサンスおよび時代を超えた世界の文学と文化を研究すること、またその研究成果の発表を通じ、会員相互及び内外学会との交流をはかることを目的とする。
第三条 本会は第二条の目的を達成するため次の事業をおこなう。
1. 研究会と講演会
2. 年次大会
3. 機関誌の発行
4. 会報(ニュースレター)の発行
5. 内外の関連学会との連携・協力
6. ホームページの運営
7. その他必要と認められる事業
第四条  本会の主旨に賛成し、事務局に入会申し込みをし、役員会で承認されたものは本会の会員とする。会員は入会時、年会費を納入することとする。
第五条 年会費は一般会員は5,000円とする。学生会員(授業料を支払い学籍のある者。研究生などは除く)は3,000円とする。また20,000円以上納入する者を賛助会員とする。会費納入は振替用紙にておこなう。退会時は事務局に申し出ることとする。
第六条 本会に次の役員を置く。役員の任期は3年とし、重任を妨げない(2期6年までとする)。
  顧問若干名、会長1名、副会長2名、事務局長1名、 理事若干名、事務局幹事(ホームページ管理者を含む)若干名、大会運営委員長1名、大会運営委員若干名、学会誌編集委員長1名、学会誌編集委員若干名、国際広報委員若干名、国際渉外委員1名、会計監査2名。
1. 顧問は本会の重要事項に関し、アドヴァイスをおこなう。顧問は役員会の議を経て、総会においてこれを報告了承する。
2. 会長は本会を代表し、会務を統括する。会長は役員会の議を経て、総会においてこれを選出する。
3. 副会長は会長を補佐し、会長に支障があった場合その職務を代行する。副会長は役員会の議を経て、総会においてこれを選出する。
4. 役員は役員会を構成して、会の運営にあたる。
5. 事務局長は事務局を統括し、本会に関する会務を執行する。事務局長は役員会の議を経て、総会においてこれを選出する。
6. 理事は本会の運営に参画する。理事は役員会がこれを選任し、総会に報告する。
7. 事務局幹事は事務局長を補佐し会計、ホームページ管理、メーリングリスト管理など会務を執行する。事務局幹事は、事務局長がこれを選任し、役員会の承認を得る。
8. 大会運営委員会は、大会に関する重要事項を審議決定し、大会に関する会務を執行する。大会運営委員は、役員会の議を経て、総会でこれを選出する。大会運営委員長は委員の互選とする。
9. 学会誌編集委員会は、機関誌の編集をおこない、機関誌発行に関わる会務を執行する。編集委員は、役員会の議を経て、総会でこれを選出する。編集委員長は委員の互選とする。
10. 国際広報委員は、国際的な研究情報を会員に配布し、日本のポー研究書誌、大会プログラムなど本学会情報の国際的広報情報を作成配布する。国際広報委員は役員会の議を経て、会長が委嘱する。
11. 国際渉外委員は、国際学会との連携推進のため、国際広報委員と協力して、実務を遂行する。国際渉外委員は役員会の議を経て、会長が委嘱する。
12. 監査は財務と事務執行状況を監査する。監査は役員会の議を経て、会長が委嘱する。
第七条 本会は原則として毎年一回総会を開く。

附則 
1. 本会則は2007年5月18日より実施する。
2. 本会則は2008年9月21日より実施する。
3. 本会則は2011年4月1日より実施する。
4. 本会則は2017年4月1日より実施する。
5. 本会則は2020年4月1日より実施する。

役 員
Officers and Members of the Executive Council

1. 本会の事務局の所在地を2020年10月1日より2024年3月31日まで、
  京都府京都市上京区今出川通寺町西入 同志社女子大学 福島研究室とする。

(〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入 同志社女子大学 今出川キャンパス 福島研究室
e-mail:sfukushi@dwc.doshisha.ac.jp)

1. Executive Office:
Shoichiro Fukushima,
Doshisha Women’s College of Liberal Arts,
Teramachi Nishiiru, Imadegawa-dori, Kamigyo-ku, Kyoto.
(1 October 2020 – 31 March 2024)

2.本会の役員は次の会員とする。(任期:2021年4月1日~2024年3月)
2. Officers and members of this society’s executive council are as follows (1 April 2021 – March 2024):

顧問 巽孝之 (慶應義塾大学・名)、井上健(日本大学)
Advisors:
TATSUMI, Takayuki, Keio University, Emeritus
INOUE, Ken, Nihon University

会長 伊藤詔子 (広島大学・名)
President:
ITOH, Shoko, Hiroshima University, Emeritus

副会長 野口啓子(津田塾大学)、宮川雅(法政大学)
Vice President:
NOGUCHI, Keiko, Tsuda University
MIYAKAWA, Tadashi, Hosei University

事務局長 福島祥一郎(同志社女子大学)
Executive Director:
FUKUSHIMA, Shoichiro, Doshisha Women’s College of Liberal Arts

事務局幹事 
池末陽子(龍谷大学)*、金澤哲(京都女子大学)*、
 河野智子(神奈川工科大学)塩田弘 (広島修道大学)  *は会計担当幹事
Executive Secretaries:
IKESUE, Yoko, Ryukoku University*
KANAZAWA, Satoshi, Kyoto Women's University*
KOHNO, Tomoko, Kanagawa Institute of Technology
SHIOTA, Hiroshi, Hiroshima Shudo University
*Accountants

監査 下河辺美知子(成蹊大学)、水野尚之 (京都大学・名)
Auditors:
SHIMOKOBE, Michiko, Seikei University
MIZUNO, Naoyuki, Kyoto University, Emeritus

大会運営委員 西山けい子(関西学院大学)、宇沢美子(慶應義塾大学)、
 出口菜摘(京都府立大学)、福島祥一郎、西山智則(埼玉学園大学)
Conference Committee:
NISHIYAMA, Keiko, Kwansei Gakuin University
UZAWA, Yoshiko, Keio University
DEGUCHI, Natsumi, Kyoto Prefectural University
FUKUSHIMA, Shoichiro
NISHIYAMA, Tomonori, Saitama Gakuen University

学会誌編集委員 大串尚代(慶應義塾大学)、井上健
 岡本晃幸(藤女子大学)、西山智則、野口啓子(津田塾大学)、
 宮川雅(法政大学)、Taras Sak(安田女子大学)
Editorial Board:
OGUSHI, Hisayo, Keio University
INOUE, Ken
OKAMOTO, Teruyuki, Fuji Women’s University
NISHIYAMA, Tomonori
NOGUCHI, Keiko
MIYAKAWA, Tadashi
SAK, Taras, Yasuda Women's University

国際広報委員 池末陽子、伊藤詔子、後藤篤(京都府立大学)、Greg Bevan(福岡大学)
International Public Relations Committee:
IKESUE, Yoko
ITOH, Shoko
GOTOU, Atsushi, Kyoto Prefectural University
BEVAN, Greg, Fukuoka University

国際渉外委員 山根亮一(東京工業大学)
International Liaison Officer:
YAMANE, Ryoichi, Tokyo Institute of Technology

資料室 西山智則
Archive:
NISHIYAMA, Tomonori